新聞バッグ講習会

今日はみなかみ町と同じ利根郡の昭和村から、藤原までお越しいただきました♪
昭和村といえば…赤城山麓の恵まれた自然が生み出す高原野菜!その美味しい野菜を作るみなさんはお野菜持参で、黙々と…そしてテキパキと製作!
藤原でも民泊体験に来た東京の子供達にバッグを自分で作ってもらい、お手伝いした畑の収穫物をバッグに入れてお土産に…ということをこの夏にしてみました。
今日のみなさんも、自分達が作ったお野菜を入れるために、イメージを膨らませながらの楽しい講習会となりました!

10647000_574000146061658_4241866075000236779_n10450136_574000242728315_2537954324472031582_n


第4回 利根川水源地探訪

今年で4回目になる奥利根水源憲章推進委員会による「利根川水源地探訪」が開催されました。1976年から行われた奥利根地域学術調査の元調査隊員と矢木沢ダムの見学と周辺の自然観察を行いました。天候にも恵まれ、楽しい探訪会になりました。by北山
http://okutone-suigen.com/

10687084_574044152723924_5817925950646875981_n

奥利根水源憲は、2003年に市民の手により制定されました。
本文
坂東太郎の名で知られる利根川の最初の一滴がしたたる奥利根水源地は、厳しい自然環境のもとに、悠久の太古よりの荒々しくも美しい自然景観を形づくり、手つかずの大自然を今に残しています。また、その流域に生息する動植物の豊かさは、国内においても極めて高い学術上の価値を持つとともに、三千万人の生命を支える水の源として重要な位置を占めています。人々はこの雪深い奥利根の地で、大自然の摂理に逆らうことなく、厳しくも穏やかに暮らしてきました。
私たちは今、世界的な環境破壊問題への対応や、人間の日々の営みにおける真の豊かさとはなにか、など、時代の問いかけへの答えを求めて、奥利根の自然をはじめ、水源地域の歴史と文化の価値を改めて見直すとともに、この貴重で豊かな自然資源を多様な人々との協力で守り、育て、持続的に活用していかなければなりません。そしてその目標実現をめざして、奥利根水源地域の自然や文化を愛し、この地に働き、学び、遊び、憩う私たちや訪れる人々の共通の誓いとなり、行動の指針となることを願って、次のことを「奥利根水源憲章」として定めます。

1.わたしたちは訪れる人々と共に、雪に育った奥利根の緑深い森と、そこに息づく多様な生命の循環を守り、 育みます。

2.わたしたちは、3,000万人の生命を支える利根川水源の清冽な流れを、その水にかかわる すべての人々の連携で守ります。

3.わたしたちは訪れる人々と共に、奥利根の自然と人・地域が、ともに豊に、活き活きとする関係を再生し、 創造していきます。

4.わたしたちは訪れる人々と共に、奥利根の人文・自然を常に学び、その知恵と技、生きる力を後世に引き継 いでいきます。

5.わたしたちは訪れる人々と共に、奥利根水源地域の個性的な魅力を掘り起こし 、広く世界に発信 して交流を深め、文化を育てます。

1534811_574044149390591_7421251235090433808_o

奥利根湖畔で源流参加を合唱

10700217_574044156057257_8200870281220413366_o

矢木沢沿いにある桂の巨木


地域イノベーター留学

8月29日から2泊3日でETICの主催する地域イノベーター留学http://www.etic.or.jp/cc/cir/ の社会人インターン4名の受入を行いました。プラントの設計している人、大分県の職員、損保のOL、企業のCSR担当など20代から40代までの多様な面白いメンバーでした。3日間で濃縮した藤原の魅力を注入させていただきました。タイミングよく高校生の民泊の様子をみたり、シソジュースづくりなどの作業を地元の方と一緒におこなったり、まだやっていなかった7月から田舎で働きたいで来ていただいている吉澤 拓也さんの歓迎会を2夜連続でおこなったり、地域住民の10分の1以上の方と交流ができたかと思います。東京でのワークショップを経て、10月に再訪し、さらに突っ込んだ話し合いの場を持てればと思います。by北山

1890490_566070920187914_7867320585620935605_o1799906_566070943521245_8301137753159684947_o10403992_566071086854564_7584735491416270173_o


林間学校

雨のなか東京タワーの真下から私立中学生300名が、2泊3日で宝台樹キャンプ場にやってきました。テント91張りもするとなかなか壮観です。明日は登山、明後日はラフティングと盛りだくさんです。by北山

10623340_562825467179126_5399548136624180901_o


親子体験キャンプ

毎年恒例の北風塾主宰の親子体験キャンプが行われました。1日目は同元湖でEボートという大きなゴムボートを楽しんだ後、宝台樹キャンプ場に移動して、テントを立てて火を起こし、みんなで協力しておいしいご飯を頂きました。夜はキャンプファイヤーとナイトハイクでちょうど藤原湖の花火大会を木の隙間から見ることができました。利根沼田の親子を中心に楽しい時間を過ごすことができました。by北山

NPO法人北風塾 みなかみの子育て支援を中心に活動するNPO法人。お母さんパワーがすごいです。
http://kitakazejuku.org/

10648366_562819720513034_2810544114264371930_o


藤原湖マラソン前夜祭とさらにその前日の前夜祭=区民祭り開催!

今年の区民祭りは大雨で中止が心配されましたが何とか育成会の子供御輿も登場できました!
翌マラソン前夜祭は花火大会もあって、出場選手のみなさん、みなかみ町の方、そして地元藤原のみんなで盛り上がります。
もちろん!盆踊りは藤原オリジナル曲のみ♪初めて参加される方も、その曲と振付にノリノリになります!
歌詞をよ~く聞けば、「藤原むらおこしプロジェクト」の会報誌タイトルにもなっている「そうだむさ~♪」が聞こえてました。

10387223_560343627427310_2011573760399713627_n10574348_560343810760625_4387334398542202950_n


諏訪神社 例大祭 獅子舞奉納

朝の雨も無事にやみ、藤原獅子舞が奉納されました。
最初の獅子舞「角助」には6才の一年生が20分の長丁場を中学生のお兄さん達に支えられ、立派に踊りきりました!
婦人部の踊りも素敵でした♪

獅子舞がはじまったのは古く、建久2年(1191年)に源頼朝の家臣によって伝えられたという記録が残っています。この獅子舞が奉納される舞台はもともと地方歌舞伎が演じられていた歌舞伎舞台で、寛保2年(1742年)に建てられました。歌舞伎舞台は通常、舞台に対して観覧席は地面から同じ高さ、あるいは観覧者が舞台を見上げる形体ですが、この舞台は地形を利用して観覧席が斜面に設けられ、現代の劇場のように後方へ行くにつれて座席が高くなるように設計されています。石垣の上(後方座席)はいわゆる桟敷で、昔から来賓席、招待者席として利用されていました。

町指定重要文化財・町指定無形民俗文化財
(昭和60年7月19日指定)

10565188_557452214383118_2731245933084093920_n 10430833_557452174383122_7790064024871413173_n 10356221_557452274383112_242533762901288800_n


滝行

武尊神社の下にある裏見の滝において、先日の武尊山の山開きにの時にもお世話になった本山修験宗三重院の山伏による滝行が行われました。圧倒的な大自然の中で人間と自然が一体となる何とも感動的な光景でした。

10380970_550352738426399_7334806304254613234_n10376283_550352728426400_4938710753920587602_n 10414069_550352748426398_2837391086184528637_n

 

 


林間学校

江戸川区の中学校の林間学校で田舎体験の受け入れを行いました。少人数で分宿をして、農作業や林業体験など田舎の暮らしの体験を行います。地元の子どもたちにとっても都会の中学生とのふれあいは、いい刺激になります。今回は、雑木林の整備をしながら、切った木で、橋の補修を行いました。

10485359_549863111808695_105857778394012045_n10271601_549863185142021_6203572019752955997_n10534663_549863558475317_4179692330557170528_n 10530703_549865121808494_8836640732707995553_n 1911883_549863941808612_8277513789879368440_n10541420_549865198475153_24302926059716424_o

 


武尊(ほたか)神社 例大祭

8月1日は、武尊(ほたか)神社の例大祭でした。藤原の各区長や組長が朝から集まり草刈や幟をたてたり、準備を行いました。神事が始まる前には、山奥の神社に50名以上の方々あつまりました。遠くは横須賀から社名に由来のある武尊建設株式会社の社員の皆様が、バスを仕立てて参拝にいらっしゃいました。裏見の滝にある奥の院もこの会社から寄進していただいたものだそうです。いろいろなご縁があるものです。
http://hotakakensetsu.com/message
山を御神体として、古代から山岳信仰の対象だった武尊山(ほたかさん)を崇敬し、山を取り囲むように、みなかみ町藤原、片品村花咲、川場村の湯原や生品などに、同じ名前の神社18社以上あります。
この武尊神社は古くは「保高明神」または「保鷹明神」ともいわれ、片品村の花咲武尊神社が総鎮守となっているようです。また、現在では日本武尊が御祭神として祀られている所が多いようです。百名山にもなっています。

1017422_549824845145855_974268616970673816_n 10444511_549824858479187_7822736175047857567_n