炭焼きワークショップ

DSCN5024 2009-12-08 9-44-30

日時 内容 BBQトピック
第1回 11月8日(土)~9日(日) 炭窯作りPart1ドラム缶で炭焼き、薪割 ジビエ料理とマタギのお話
第2回 11月15日(土)~16日(日) 炭窯作りPart2薪割、小屋作り、火起こし 嫁に来たお母さんの話
第3回 11月22日(土)~24日(月祝) 実践!炭焼きPart1雑木林の伐採、薪割 Iターン田舎暮らしの話
☆炭焼きウィーク 11月25日(火)~28日(金) 期間中、毎日炭焼きを行います。お好きなだけ参加できます。
第4回 11月29日(土)~30日(日) 実践!炭焼きPart2雑木林の伐採、薪割 ロマン紀行利根川源流探検
第5回 12月6日(土)~7日(日) ロケットストーブ作りPart1講師:四井真治氏 バイオディーゼル作り
第6回 12月13日(土)~14日(日) ロケットストーブ作りPart2講師:四井真治氏 廃油の活用方法

☆みんなと合宿しながら、藤原の伝統的な白炭の石窯を作るところから、炭焼きまで体験できます。

☆どの回からの参加もOK!毎回本格炭火料理を楽しめます!

☆参加ご希望の方は、参加希望日、氏名、生年月日、住所、電話番号を下記のアドレスへお送り

ください。詳細を追ってご連絡いたします。

☆参加費は1泊あたり4,000円(学生)、9,000円(一般)になります。

☆講師:地元のスーパーおじいちゃん達

四井真治氏・・・ソイルデザイン代表、パーマカルチャーデザイナー

この事業は、環境省の平成26年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域における草の根活動支援事業)の助成によって実施いたします。

主催:NPO法人奥利根水源地域ネットワーク協力:森林塾青水
問合せ、申込み:info@soudamusa.com 090-4062―4040(北山)

雨呼山(あまよびやま)登山

藤原小中学校育成会行事 「雨呼山」登山 2014年10月28日群馬県民の日

子供達の活動「育成会行事」で、学校の裏にある藤原のシンボルの山「雨呼山」を登ってきました。
登山…というほどの山ではありません。雨呼山山頂は911m。10
そうはいっても、ほとんどの子供も保護者も登ったことがない。11
朝日岳が初冠雪となったその日は、ときおり小雪が舞い、強い風が吹き抜けるような天候!それでも元気な藤原の子供達。1213
途中、石舞台と呼ばれる大岩からブランコしたり、洞窟にいったり…14
下山後はリフォーム中の古民家の囲炉裏を囲んで暖をとり…と、盛り沢山のツアーとなりました。
これからますます、子供達が自分たちの住む地域や自然に触れて感じて成長することを願う1日でした。

リアル謎解き宝探しゲーム

そらまめキッズアドベンチャーという子ども向けの体験型旅行を扱う団体の受け入れ。窃盗団Gに奪われた宝の笛を奪還するゲーム。ゲームといってもGPSとビーコン(雪崩に埋まった人を捜索する機器)を使って宝を探し当てる本格的なもの、しかも1泊2日。今回は、首都圏の小学1~5年生、18名が参加。天候にも恵まれ、無事に宝物をゲットできました。8 しかし、安心して宿舎に戻るとそこに黒服の窃盗団が待ち構えており、宝物を奪いに来る。不意打ちをくらい、子供たちは大パニック。絶叫して泣き叫ぶ女の子多数あり。でも、その後の餅つきでは、着替えたさっきの窃盗団には気づかず、一緒にお餅をついていました。 9

みなかみ町諏訪峡遊歩道

藤原に来る時に必ず通るのが、水上インターから約3分のところにある道の駅「水紀行館」

紅葉シーズンの10月は毎日10時からここを起点にガイドツアー(無料)が行われています。今日は雲一つない気持ちのよいお天気。偶然、時間がとれたので初めて参加してきました!
色づき始めた木々と迫力の谷川岳。澄んだ川の水、緑石凝灰岩の美しさ…気持ちよく散策できます。3

そしてガイドさんから、知らなかったいろんなお話を聞くことができます♪
そのひとつ…
かつて藤原では、材木を切り出していました。ダムが出来る前のお話…
木は川に流され運ばれていました。その木は、ここで「筏」に組み直され、川をせき止めて作った小さいダムを壊すことで勢いをつけ、さらに下流まで運んだそうです。
上流の藤原で育った木はそうやって運ばれたんですね~♪7

藤原では、今、紅葉が急激に深まってきましたが、水上インター、そして諏訪峡の紅葉の見頃は11月中旬まで続きます。標高差のある「みなかみ」ならではのこの季節の散策♪いいですよ(^_-)

6

地域イノベーター留学フィールドワーク第2弾

10月3日から2泊3日で、ETICの主催する地域イノベーター留学http://www.etic.or.jp/cc/cir/ のフィールドワーク第2弾を行いました。今回は、先月じっくり藤原を体感していただいたことをもとに、地域の課題について、地域住民とじっくり話し合う濃い3日間となりました。なかなか身内だけで話をしていても客観的な見方ができなくなってしまうことが多いので、このような全くの外部の方との率直な意見交換ができることは、地元の方々にも大変いい刺激となります。おかげで、毎晩遅くまで盛り上がってしまいました。そして、10月26日に東京で、各地の成果発表が行われます。たのしみです。

safe_image

以下、参加者の感想

9月10月と、群馬県の左上に位置するみなかみ町というところ の、
さらにさらに上の方にある、藤原地区 ってところに行ってきました!
谷川岳のふもと、利根川発祥の地。
みなさんが飲んでるお水は、藤原からやって来てるのだよーーーー
とにかくとにかく素敵な地域です。
なにかやってると気付いたら人が集まって、輪が2〜30人にもなっちゃうような。

10403992_566071086854564_7584735491416270173_o
昼も夜も藤原のみなさんとたくさん話して考えてお酒飲んで、
この土地の仲間になれた気がして、わたしゃあとても嬉しいです。
わたしの好きな人たちも、みんな連れて遊びにいきたい!
これからたぶん、楽しそうなこともたくさん起こりそうです。
東京から1時間ちょっと!みんな、藤原遊びにいこう〜〜!