利根川源流まつり

バギーやカヌー、マスつかみ、クラフト体験が格安でできるお得なイベント!
初めての体験でドキドキする子供の顔、達成感を得た時の顔、などたくさんの子供の笑顔が見れました!
途中の雨でも子供は元気!!
我が家の娘は、初めてのマスづかみで触れないのに挑戦!
何度か魚に触れる内にきちんと掴めるまでになりました。
自然の中では子供の成長が本当に早いなーと感じます。
バギーに乗らせればすぐハンドルが切れるようになるし。
こういう経験をしておけば大人になっても心配ないですね。
子供には自然の中で大きく育ってほしいものです。
大人は最低限の安全を確保するために見守ればよいのです!
来年も楽しみです!

利根川源流祭り2014 http://genryumaturi.com/

1969365_657605837641240_2421559072395922390_n

1560725_657605894307901_3088319640616696673_n

上の原植生調査

みなかみ町藤原には茅葺き(かやぶき)屋根の材料になるススキを刈る為の茅場がありました。以前は200ヘクタールあった草原も今は約11ヘクタールが残るだけ。この草原を守ることも保全活動のひとつです。
その保全活動の一貫で、もともと草原で合った場所で森になってしまった場所の植物調査をしてきました。40m×40mの敷地のなかにどれだけの草木があるかを細かく調べます。
実際30種類以上の草木が共生しています。
これから冬にかけて木を伐採していき、草原植物がどのような戦略で種を広げていくのか?という興味深い調査を行います。
伐採された木は炭焼窯で炭に。あるいは冬用の薪に利用されます。
森の地べたに座ってどんな植物が育っているのかを観察し記録する。
今まで山登りで植物は見てきたけど、こんなじっくり見ることは初めてです。
食べられる植物や、高級な楊枝に使われているクロモジなど改めて自然と触れ合う楽しさを知りました。
植物たちが繰り広げるドラマを想像すると森が違って見えてきます。
是非、足をとめて周りの植物に興味を持ってみてください。
楽しいですよ!
ちなみに、同じ場所にじっとしているので、枝が折れる音にビビりながらの作業でした。
私の作業している場所は熊の通り道でした。

10435070_541716205956719_6877611707777109817_n

藤原中学校~体験学習~

【炭焼き体験 木を切る】
本日は地元、藤原中学校の生徒と炭焼きのための木を切り出す作業をしました。
炭焼きの原料となる木は上ノ原の森からミズナラを。
簡単に草原の役割を伝え実践です。
地元に住んでいても分からないことが一杯で興味シンシンでした。
はじめての木を切る作業は手こずっていましたが、木を倒した時の音には興奮をした模様。
ガイドしているこちらもとっても新鮮でした。
秋にはこの切った木で炭焼き作りです。次回が楽しみです。
10361994_541893105939029_3090134389229737016_n 10513248_541892625939077_7511280522248966177_n 10550888_541894355938904_1011930820788563041_n

利根川上下流交流宝台樹ジュニアサッカー大会

全12チームが2日間にわたって熱戦を繰り広げています。

新潟から2チーム(希望ヶ丘SCスポーツ少年団、長岡レッツJr.FC)、埼玉から8チーム(大宮日進サッカースポーツ少年団、戸田南FCスポーツ少年団、大宮三橋フットボールクラブジュニア、大成サッカースポーツ少年団、大宮別所サッカースポーツ少年団、大宮南ウィングスFC、越生ジュニア、飯能ブルーダージュニア)群馬から大泉FCジュニアと我らの水上FCジュニア!コーチ、保護者含め300人以上の参加者で大賑わい。

10468354_539184426209897_2746600352726060011_n10411241_539184316209908_4200215946264781322_n

古民家再生プロジェクト

水道工事。止水栓が見つからず、あっちこっちを掘り起こしたが、断念。そこで、水を止めずに水道工事!当然パイプを切れば水は吹き出します。ずぶ濡れになってバルブを付けるのかと思いきや、しばらくすると穴に水がたまって、水が飛び散らなくなりました。あったまいい。そして、水の中で手探りでバルブを装着。見事止まりました。緊急時には使える方法ですが、冬場にはあまりやりたくない。そして、新たにメーターと止水栓を取り付け完了。今回の指導は、地域の簡易水道のメンテをしている地元のおじさんにお世話になりました。田舎の人は何でもできるのである。

10527386_538852976243042_629771563674349061_n

パイプを切れば当然、水が噴き出します。10383095_538853012909705_7757662374645535357_n

しばらくすると、水がたまり、水が噴き出さなくなったら、手探りでコックを取り付けます。10502258_538853199576353_6292958523890492294_n

ジャーン!見事止まりました。10552388_538853142909692_6288810391415902090_n

溜まった水をくみ出します。10486405_538853276243012_1435511400753307670_n

 

メーターなどを取り付ければ完成です。

古民家再生プロジェクト

解体した廃材を薪としてリサイクル。ひたすら切って積む。地味な作業ですが、捨てればただの産廃です。1月分程度の量ですが、積みあがった薪を見ると、石油王にでもなったような何とも言えない幸せな気分になります。おかげで土間も綺麗になりました。

983744_538021426326197_5974001118814920513_n 10437778_538021432992863_136687341173965365_n10530777_538021436326196_4037541593253240446_n

藤原エコツーリズム

高崎経済大学のエコツーリズムを勉強している学生が、36名で藤原の活動を体験しに来てくれました。午前中は、民宿吉野家で藤原の郷土食の「ぼた」を作り、午後は、国指定文化財になっている雲越家住宅を見学し、その茅葺屋の材料であるススキを育成している上ノ原の茅場の整備活動を体験していただきました。
上ノ原の茅場の再生活動については、森林塾青水のHPを参照願います。
http://www.commonf.net/

1544317_536992033095803_6093580982450724558_n10530674_535993809862292_1652172804138901308_n

マムシ

炭焼き窯の片づけをしていたら、蛇がたくさん出てきました。

マムシ2匹、アオダイショウ、ヤマカガシ、シマヘビ・・・

マムシは、マムシ酒にしました。10448819_533759490085724_2331935583121576119_n 10487351_533759080085765_7251131598604124289_n