利根川の最初の一滴を求めて源流を探検してきました。

9月8日から矢木沢ダムを船で渡り、利根川本流を3日間遡り、新潟県六日町にある三国(さぐり)ダムまで、歩きとおした。メンバーは、中島仁三郎さん、金子さん(アウトドアガイド)、松田さん(アウトドアガイド)と北山の4人で行ってきた。今年は、矢木沢ダムの水量が多かったので、水長沢出会い付近まで船で行くことができた。歩き始めの流れは、まだまだ水量が多く冷たい。DSCF5519 DSCF5532  時には腰まで水に浸かりながらひたすら源流を目指す。しかし、泳いでも通過できないような難所は高巻きをして迂回しなければならない。上の写真はシッケイガマワシ(子どものカモシカは通れないのでよける所という意味)を高巻いているところ。こんなところにも昔の猟師の書付けがブナに残っていた。(下写真)また古い鉱山跡があったり、歴史を感じさせるものが残っている。DSCF5534  今回の一番の心配は、雪渓がどれだけ残っているかでした。雪といっても、完全に氷の塊で、ちょっとした崩壊に巻き込まれても即死です。下を通過するときは、息をひそめて一人ずつくぐった。 DSCF5606

DSCF5556 源流域には、大きなイワナが残っている。ありがたく晩飯として頂いた。

DSCF5656  写真は、利根大滝20mを越えていくところ。後半は20m前後の滝がいくつか現れるので、気が抜けない。DSCF5699  それにしても仁三郎さんは健脚である。奇しくも源流にたどり着いた日は、67回目の誕生日であった。3日間歩き続け、やっと利根川の最初の一滴にたどり着くことができた。僅かに残った雪渓の数十メートル先は、新潟県であった。DSCF5707 DSCF5719新潟県との境である中央分水嶺を行く。

 

武尊山山開き

武尊山山開きが厳かに開催されました。
群馬のゆるキャラぐんまちゃんも登場し、源流賛歌合唱団による「源流の歌」を聞き、山伏たちによる山開きが厳粛に…行われました。
参列された方には「新聞バッグ」の山開きセットが配られ、豚汁の振る舞いもありました♪

その後は、武尊山の山頂を山伏と一緒に目指しました。雨には降られなかったものの、残念ながら山頂からの眺めは楽しめませんでした。

10471010_533950346733305_2068737175888427633_n10422111_533950663399940_7647526533324626003_n10414625_533950606733279_279121848737673246_n10516705_534122323382774_6671942628474566132_n 10527851_534122363382770_4174235275924310758_n

 

 

武尊山 山開き

今年は百名山の武尊山山開きが6月29日(日)8:00から裏見の滝そばの武尊神社で開催されます。毎年山開きには大勢の参加者が訪れますが、この武尊山の山開きには伝統で山伏姿の修行僧が一緒に登ります。参加者には、新聞バックに入った手ぬぐいなどの記念品もプレゼント。源流賛歌のミニコンサートもあります。神事の後は、山伏と一緒に山頂を目指します。

10151954_529805097147830_3324834515078040438_n

尾瀬にお散歩

尾瀬に藤原の方たちと行ってきました。子どもを小学校に送ってから出発して、下校時間までに帰宅できるなんてなんて素敵なところでしょう。しかも今回は欲張って、鳩待峠~アヤメ平~龍宮~山の鼻の20キロコース。お散歩気分で尾瀬に気軽に行くことができます。

10295552_522412851220388_4821269036478138580_o10463881_522412837887056_4143421196421363710_n 1522308_522412841220389_8637596075613474060_n 10353123_522413537886986_7597235900398933051_n

カテゴリー: