首都圏の水源地の村を一緒に守る人材募集!直売所を情報発信拠点として運営してくれる責任者を募集します。(終了)

ロゴ

首都圏の水がめである利根川源流の里、藤原で一緒にむらおこしをしてください。
390キロ平方メートルにわずか450人、小中学生合わせて 24 人という小さな集落です。地域の課題を一緒に考え、乗り越え、地域コミュニティーをなんとか維持させていく挑戦です。
・地域住民の意識調査、一体この集落をどうしたいのか?何が魅力か?一緒に考えます。
・閉鎖されている農産物直売所を地域の情報発信、交流拠点として整備する。
・地域外の若者から見て魅力的な地域資源の発掘。
・田舎暮らしの体験プログラムの開発。
・利根川流域の人々と連携し、地域活性を試みる。
・空き家、仕事情報の発信。

事業概要

首都圏の水源地から「飲水思源」の利根川流域コモンズを発信する。
首都圏3000万人の生活用水の源である利根川の水源地から、「飲水思源」(いんすいしげん) ~水を飲むときにその源に思いをはせる~を合言葉に、水源地を利根川の水の恩恵にあずかるすべての人々の公益的財産とらえ、上下流の市民・企業・行政・学校・研究機関が参画・協働して、源流域の持つ公益的財産を未来永劫に保全し、それがもたらす生態系サービスを子々孫々にわたり持続的に享受するために、流域コモンズを形成し、流域住民が集まって支え守る開放的、参画型・流域単位の現代版入会システムを構築する。
この現代版入会システムを構築することが、藤原地区の農村の活性化及び交流の手段として有効と考えて、3ヵ年にわたり実践をしていく。
1年目は、藤原地区住民の意識調査、合意形成、都市(流域)からの公募委員の参加画。地域資源の調査。閉鎖されている直売所を交流拠点として整備する。
2年目は、商品開発、販売、体験プログラムの開発、利根川の上下流交流の活性化。移住希望者の受入開始。
3年目は、「流域コモンズ」としての利根川流域地域への情報発信を強化し、積極的な受入を行う。

地域の特色
1)藤原地区は、利根川の源流域にある集落で、首都圏の水がめとして、4つの大規模ダムを抱えている。藤原地区の面積は、みなかみ町の約半分を占め、390 ㎢という広大な土地にみなかみ町の人口 21,000 人のわずか 2%にあたる450人の住民が住んでいるにすぎない。関東でも有数の豪雪地帯で、冬には 2m以上の雪に覆われる。そのため、冬場には車をもたない高齢者にとって、買い物にも不自由な過酷な土地である。まさに他の地区からは隔絶された陸の孤島のような地域である。平均気温は、北海道と同じです。クーラーは、必要ありません。

map1

2)人口の減少も激しく、平成 2 年には 752 人いた人口も平成 24 年には 450人に減っている。高齢化率も 42%に達する。藤原小中学校の在籍数も平成26 年度で小学生 17 名、中学生9 名となっているが、保育園休園となり、現状では今後 3 年間は、新入生が不在となってしまう。
photo1
藤原の運動会は、保育園生から中学生、老人会、消防団、婦人会すべての住民でおこないます。

3)農林業従事者も減少しており、平成 12 年には 68 人であった農業人口は、平成 17 年には 62 人に減少している。耕作放棄地の面積も 498a からに 558a 増加した。サル、クマ、イノシシなど鳥獣被害も増加している。

4) 地区内には、スキー場が3か所あり、300名以上宿泊できるホテルが2か所、100名以上宿泊できる旅館が2か所、その他にも旅館、ペンション、民宿など30軒の宿泊施設がある。しかし、平成12年には、60軒以上の宿泊施設があったが、スキー客の減少とともに衰退してしまった。
平成 4 年には50万人いたスキー場来場者も、平成24年には25万人に半減している。
photo2
★これまでの取り組み
1)平成 15 年より、首都圏の都市住民と藤原の地域住民、町役場が連携し、40 年間放置されていたかつての入会地を再生させ、毎年春に火入れを行い、秋には茅刈りを行っている。そのフィールドを学校団体の環境学習の場として活用し、講師として地元の古老が活躍している。また、秋に刈り取った茅は関東一円の文化財の屋根材として利用されている。
photo3
2)平成 15 年より、首都圏の水がめである利根川の最上流部にある藤原の地域住民が中心となり、下流域の人々とともに、「奥利根水源憲章」を定め水源地の保全と地域活性化を流域住民とともに進める取り組みを続けている。(流域コモンズの提唱)
photo4
3)平成 21 年度から「みなかみ町教育旅行協議会」による、小中学生体験学習の受入を行い、教育旅行の取組を開始した。その受入を行うことにより、藤原地区のまとまりが深まりつつある。
photo5
4)古民家再生プロジェクト!数百年の歴史のある古民家再生し、田舎暮らしの体験場所として活用できるように手作りで整備を進めています。
photo6

★その他イベント等
photo7
今年で56回目となる藤原湖マラソン大会  幻想的な桜祭りでのキャンドルナイト
photo8
600年以上の伝統のある諏訪神社の獅子舞 かまくら祭りとキャンドルナイト

■業務内容
4月からオープン予定の情報発信拠点となる直売所の運営責任者を募集します。

・地域住民の求めているものやこの地域をどうしたいのか、などのヒアリング調査。
・休耕地、農産物の生産状況の調査。
・域外の若者から見て魅力的な地域資源の発掘。
・田舎暮らしの体験プログラムの開発。
・地域の人と一緒にイベントの運営。
・ブログ、Twitter、Facebook 等による地域情報の発信。
■募集対象 ・お年寄りとのコミュニケーションが好きな方。
・地域住民と協力しながら一緒に活動できる方
・普通自動車運転免許を有している方
■募集人数: 1名
■給与: 月額220,000円 社会保険あり
■その他特記事項 住居は、有料ですが、町営住宅、1軒屋、下宿等も可能です。
■現地下見希望の方は、事前に下記へメールでご連絡の上、お越しください。下見のための交通費等は支給しません。
■お問い合わせ先
NPO法人奥利根水源地域ネットワーク 担当:北山
〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原 3862-1
TEL:090-4062-4040


炭焼きワークショップ

DSCN5024 2009-12-08 9-44-30

日時 内容 BBQトピック
第1回 11月8日(土)~9日(日) 炭窯作りPart1ドラム缶で炭焼き、薪割 ジビエ料理とマタギのお話
第2回 11月15日(土)~16日(日) 炭窯作りPart2薪割、小屋作り、火起こし 嫁に来たお母さんの話
第3回 11月22日(土)~24日(月祝) 実践!炭焼きPart1雑木林の伐採、薪割 Iターン田舎暮らしの話
☆炭焼きウィーク 11月25日(火)~28日(金) 期間中、毎日炭焼きを行います。お好きなだけ参加できます。
第4回 11月29日(土)~30日(日) 実践!炭焼きPart2雑木林の伐採、薪割 ロマン紀行利根川源流探検
第5回 12月6日(土)~7日(日) ロケットストーブ作りPart1講師:四井真治氏 バイオディーゼル作り
第6回 12月13日(土)~14日(日) ロケットストーブ作りPart2講師:四井真治氏 廃油の活用方法

☆みんなと合宿しながら、藤原の伝統的な白炭の石窯を作るところから、炭焼きまで体験できます。

☆どの回からの参加もOK!毎回本格炭火料理を楽しめます!

☆参加ご希望の方は、参加希望日、氏名、生年月日、住所、電話番号を下記のアドレスへお送り

ください。詳細を追ってご連絡いたします。

☆参加費は1泊あたり4,000円(学生)、9,000円(一般)になります。

☆講師:地元のスーパーおじいちゃん達

四井真治氏・・・ソイルデザイン代表、パーマカルチャーデザイナー

この事業は、環境省の平成26年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域における草の根活動支援事業)の助成によって実施いたします。

主催:NPO法人奥利根水源地域ネットワーク協力:森林塾青水
問合せ、申込み:info@soudamusa.com 090-4062―4040(北山)


雨呼山(あまよびやま)登山

藤原小中学校育成会行事 「雨呼山」登山 2014年10月28日群馬県民の日

子供達の活動「育成会行事」で、学校の裏にある藤原のシンボルの山「雨呼山」を登ってきました。
登山…というほどの山ではありません。雨呼山山頂は911m。10
そうはいっても、ほとんどの子供も保護者も登ったことがない。11
朝日岳が初冠雪となったその日は、ときおり小雪が舞い、強い風が吹き抜けるような天候!それでも元気な藤原の子供達。1213
途中、石舞台と呼ばれる大岩からブランコしたり、洞窟にいったり…14
下山後はリフォーム中の古民家の囲炉裏を囲んで暖をとり…と、盛り沢山のツアーとなりました。
これからますます、子供達が自分たちの住む地域や自然に触れて感じて成長することを願う1日でした。


リアル謎解き宝探しゲーム

そらまめキッズアドベンチャーという子ども向けの体験型旅行を扱う団体の受け入れ。窃盗団Gに奪われた宝の笛を奪還するゲーム。ゲームといってもGPSとビーコン(雪崩に埋まった人を捜索する機器)を使って宝を探し当てる本格的なもの、しかも1泊2日。今回は、首都圏の小学1~5年生、18名が参加。天候にも恵まれ、無事に宝物をゲットできました。8 しかし、安心して宿舎に戻るとそこに黒服の窃盗団が待ち構えており、宝物を奪いに来る。不意打ちをくらい、子供たちは大パニック。絶叫して泣き叫ぶ女の子多数あり。でも、その後の餅つきでは、着替えたさっきの窃盗団には気づかず、一緒にお餅をついていました。 9


みなかみ町諏訪峡遊歩道

藤原に来る時に必ず通るのが、水上インターから約3分のところにある道の駅「水紀行館」

紅葉シーズンの10月は毎日10時からここを起点にガイドツアー(無料)が行われています。今日は雲一つない気持ちのよいお天気。偶然、時間がとれたので初めて参加してきました!
色づき始めた木々と迫力の谷川岳。澄んだ川の水、緑石凝灰岩の美しさ…気持ちよく散策できます。3

そしてガイドさんから、知らなかったいろんなお話を聞くことができます♪
そのひとつ…
かつて藤原では、材木を切り出していました。ダムが出来る前のお話…
木は川に流され運ばれていました。その木は、ここで「筏」に組み直され、川をせき止めて作った小さいダムを壊すことで勢いをつけ、さらに下流まで運んだそうです。
上流の藤原で育った木はそうやって運ばれたんですね~♪7

藤原では、今、紅葉が急激に深まってきましたが、水上インター、そして諏訪峡の紅葉の見頃は11月中旬まで続きます。標高差のある「みなかみ」ならではのこの季節の散策♪いいですよ(^_-)

6


地域イノベーター留学フィールドワーク第2弾

10月3日から2泊3日で、ETICの主催する地域イノベーター留学http://www.etic.or.jp/cc/cir/ のフィールドワーク第2弾を行いました。今回は、先月じっくり藤原を体感していただいたことをもとに、地域の課題について、地域住民とじっくり話し合う濃い3日間となりました。なかなか身内だけで話をしていても客観的な見方ができなくなってしまうことが多いので、このような全くの外部の方との率直な意見交換ができることは、地元の方々にも大変いい刺激となります。おかげで、毎晩遅くまで盛り上がってしまいました。そして、10月26日に東京で、各地の成果発表が行われます。たのしみです。

safe_image

以下、参加者の感想

9月10月と、群馬県の左上に位置するみなかみ町というところ の、
さらにさらに上の方にある、藤原地区 ってところに行ってきました!
谷川岳のふもと、利根川発祥の地。
みなさんが飲んでるお水は、藤原からやって来てるのだよーーーー
とにかくとにかく素敵な地域です。
なにかやってると気付いたら人が集まって、輪が2〜30人にもなっちゃうような。

10403992_566071086854564_7584735491416270173_o
昼も夜も藤原のみなさんとたくさん話して考えてお酒飲んで、
この土地の仲間になれた気がして、わたしゃあとても嬉しいです。
わたしの好きな人たちも、みんな連れて遊びにいきたい!
これからたぶん、楽しそうなこともたくさん起こりそうです。
東京から1時間ちょっと!みんな、藤原遊びにいこう〜〜!

 


新聞バッグインストラクター向けフォローアップ会を開催

自然を愛する気持ちから生まれた四万十川の「新聞バッグ」。 命の水を育みたたえる利根川源流のここ、みなかみ町藤原に場所を変え「新聞バッグ」をキーに集まったのは、四万十、静岡、東京、千葉、札幌、そして藤原の新聞バッグインストラクターの面々!2

講習会はもちろん真剣に!夜は交流会で盛り上がり♪1翌日は源流のダム湖をカヌーで巡りました。
ダム湖の水は清くきれいで透き通っていました。IMGP6204IMGP6115

「新聞バッグ」をキッカケとし、人々がつながり、感動を共有する…まさに、小さな流れ(源流の最初の一滴)が色んな地域を潤し、やがて大海へと流れ着き、別の一滴と混じり合う。 そんな会となりました。

ご参加頂いた皆様!講師の皆様!
ありがとうございました。  


秋季大運動会

小中学校、消防団、婦人会、老人会、地域のみなさん
藤原住民みんなの運動会!10659238_574920709302935_3221010200324411840_n  今年から保育園がないのがさびしかったけど…

今年は群馬テレビの取材もあって大人はそわそわ…?

子供達は相変わらず元気にがんばりました!

棒引きで転んで先生に担がれ…
一緒懸命練習してきた、二人三脚・百足競争では追い越され…
またまた凹んで甘えながらも、がんばって最後までやり通した兄(ママ以外のママさん達や先生にも甘えまくってたけど)
保育園の時より体力もつき、楽しそうに、そして走りも踊りもキビキビこなした妹

10616422_574920725969600_1942009846920362814_n10341741_574920712636268_5592661125579383658_n

10561621_574920729302933_2303175704613908951_n

消防団対子供チームの綱引きは子供チーム圧勝!なぜか三連敗して、さらに土下座までさせられた消防団(笑)10502346_574920735969599_5076823802690416530_n995079_574920715969601_2401636654896825438_n10420226_574920739302932_5745967262414714205_nなぜか、ポンプ操法の演技も披露するプログラムもある!


じぃじか唯一参加できる競技(?)肩叩きはなごやかに…♪10411198_574920722636267_1782625967732358240_n
年々人数の減る寂しさを忘れるほどみんなで盛り上がった最後のダンス!
10600533_574920719302934_919414654397996251_n
どうか、この楽しい地域みんなの運動会がいつまでも続きますように…

 


利根川の最初の一滴を求めて源流を探検してきました。

9月8日から矢木沢ダムを船で渡り、利根川本流を3日間遡り、新潟県六日町にある三国(さぐり)ダムまで、歩きとおした。メンバーは、中島仁三郎さん、金子さん(アウトドアガイド)、松田さん(アウトドアガイド)と北山の4人で行ってきた。今年は、矢木沢ダムの水量が多かったので、水長沢出会い付近まで船で行くことができた。歩き始めの流れは、まだまだ水量が多く冷たい。DSCF5519 DSCF5532  時には腰まで水に浸かりながらひたすら源流を目指す。しかし、泳いでも通過できないような難所は高巻きをして迂回しなければならない。上の写真はシッケイガマワシ(子どものカモシカは通れないのでよける所という意味)を高巻いているところ。こんなところにも昔の猟師の書付けがブナに残っていた。(下写真)また古い鉱山跡があったり、歴史を感じさせるものが残っている。DSCF5534  今回の一番の心配は、雪渓がどれだけ残っているかでした。雪といっても、完全に氷の塊で、ちょっとした崩壊に巻き込まれても即死です。下を通過するときは、息をひそめて一人ずつくぐった。 DSCF5606

DSCF5556 源流域には、大きなイワナが残っている。ありがたく晩飯として頂いた。

DSCF5656  写真は、利根大滝20mを越えていくところ。後半は20m前後の滝がいくつか現れるので、気が抜けない。DSCF5699  それにしても仁三郎さんは健脚である。奇しくも源流にたどり着いた日は、67回目の誕生日であった。3日間歩き続け、やっと利根川の最初の一滴にたどり着くことができた。僅かに残った雪渓の数十メートル先は、新潟県であった。DSCF5707 DSCF5719新潟県との境である中央分水嶺を行く。